HOME > BLOG > 102歳になられた聖路加国際病院名誉院長「日野原重明先生の講演会&音楽劇の会」で感動を頂いて来ました

102歳になられた聖路加国際病院名誉院長「日野原重明先生の講演会&音楽劇の会」で感動を頂いて来ました

みなさん、曇り空が広がる船橋より、おはようございます\(^o^)/聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生が、10月4日に102歳の御誕生日を迎えられました。それを記念した「日野原先生の講演会&音楽劇の会」が、昨日(6日)、都内で開催され、私もお招き頂いたのですが、先生の御元気な姿に大変感銘を受け、「生きる力」をたくさん頂いて来ました。幕が上がり、ステージ上を足早に、さっそうと歩いて登場された日野原先生に、まずは歓声と拍手が沸き上がり、講演中の40分間は、ずっと、姿勢よく立ったままでした。後半の音楽劇も、先生がプロデュースされ、なんとプロ顔負けの出演者のみなさんは、ほとんどが、ドクターやナース、医療関係に携わっている方々で、ボランティアで全国の病院等に伺い、患者さん達に勇気と笑顔を届けていらっしゃいます。素晴らしいですよね。私も、食の分野で、「全国の病院食をレベルアップしながら、お役に立ちたい」と、想いを新たに致しました。

日野原先生は、10月4日で102歳になられました

日野原先生は、10月4日で102歳になられました

姿勢よく、最後まで立ったままの講演は、素晴らしかったです

姿勢よく、最後まで立ったままの講演は、素晴らしかったです

日野原先生から「生きる力」をたくさん頂きました

日野原先生から「生きる力」をたくさん頂きました

音楽劇のラストにも登場され、場内の盛り上がりは最高潮でした

音楽劇のラストにも登場され、場内の盛り上がりは最高潮でした

ステージ上のみなさんは、ほとんどが医療関係に従事していらっしゃいます

ステージ上のみなさんは、ほとんどが医療関係に従事していらっしゃいます

アマチュアとは思えないほど、素晴らしい舞台でした

アマチュアとは思えないほど、素晴らしい舞台でした

私も、食を通して「命の大切さ」、「生きる喜び」を伝えて行きたいと思います

私も、食を通して「命の大切さや生きる喜び」を伝えて行きたいと思います


«  | ブログトップ |  »

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

これ以前のアーカイブはこちら

購読はこちらから

rss feed RSSでチェック