HOME > BLOG > 世界の食文化・旅日記

「コグレクッキングスタジオ」に、日頃から御世話になっているみなさんをお招きし「最高級のオリーブオイルを使った御食事会」を開催させて頂きました

6月上旬の夕方、東船橋の「コグレクッキングスタジオ」に、日頃から御世話になっているみなさんをお招きし「最高級のオリーブオイルを使った御食事会」を開催させて頂きました。
手前味噌になりますが「コグレクッキングスタジオの壁」には、コグレが世界95ヶ国で手に入れた「想い出いっぱい、貴重な品々」が、所狭しと飾られており、お越し頂いたお客様も「世界95ヶ国を訪れたようなワクワク感」を存分に楽しんで頂けまして、とても嬉しかったです。
庭には、オリーブの木々が大きく育ち、イタリア産のレモンも実が成っていまして、閑静な住宅街にありながら、ここだけは別世界「イタリアのよう!」です。
6月は、7.15.16.17.18日も、ランチ又はディナータイムに御食事会を開催いたしますが、お越し頂ける方は「お問い合わせフォーム」から御連絡頂けると有難いです。
是非、「コグレの楽しいトーク&ヘルシークッキング」を堪能しにいらして下さいね。

002

005

007

014

016

019

024

021

026

029

032

033

049

052

イースター島とモロッコより、謹んで2015年新春の御挨拶を申し上げます

みなさん、あけましておめでとうございます。
南半球は「イースター島のモアイ像」から、北半球は「モロッコのサハラ砂漠」から「縁起の良い御来光」をお届け致します。
昨年も、私のHPを御覧頂きまして、本当に有難う御座いました。
今年も「食を通して」みなさんのお役に立てるように頑張りますので、応援を宜しく御願い致します。

2015年1月1日  小暮 剛

190

330

0モロ御来光01

0モロ御来光06

夏場に猛暑が続く「モロッコ」は、上質なオリーブオイルの産地なのです

夏場に猛暑が続く「モロッコ」では、砂漠のようなところでも、上質なオリーブが栽培されており、各地の伝統的な郷土料理に、上手く取り入れられていることに感動致しました。雨が降らずとも、元気に育っている「オリーブの生命力」は、本当に偉大ですね!そんなオリーブの木々の前に立つ私の表情から、みなさんにも、私の感動をお伝え出来たら嬉しいです(笑)。
「マラケシュ」や「フェズ」等の旧市街の市場には、スパイスで味付けされた「テーブルオリーブ」も種類豊富にありましたし、カルフール等の大型スーパーマーケットには、オシャレなボトルに入った「上質なエキストラ・バージン・オリーブオイル」や、モロッコらしい個性的なラベルのオリーブオイルがたくさん売られていて、感激致しました。あれもこれも買いたくなりますが、帰りのスーツケースのことを考えますと、迷ってしまいますね(笑)。

0モロオリ02

0モロオリ03

0モロオリ04

0モロオリ06

0モロオリ07

0モロオリ01

0モロオリ08-0

0モロオリ08

0モロオリ09

0モロオリ10

0モロオリ11

0モロオリ12

0モロオリ13

0モロオリ14

0モロオリ15

8月に旅した「モロッコ」より、縁起の良い「サハラ砂漠の御来光」をどうぞ!

8月中旬に、カタ―ル航空のドーハ経由で、北アフリカの「モロッコ」に行って来ました。
日中の最高気温が、軽く40℃を超える猛暑続きでしたが、上質なオリーブオイルを含めた「イスラムの食文化(ハラル)の神髄」を身をもって体験し、とても充実した7日間でした。
アトラス山脈を境にして、地域ごとに色々な顔を持つ「モロッコ」ですが、距離にして、2000㎞近く駆け回りましたので、その魅力を数回に分けて、レポートさせて頂きます。どうぞ、御期待下さいね。
まずは、「エルフード」というアルジェリア国境近くの町から、4輪駆動の車を1時間程走らせて、縁起の良い「サハラ砂漠の御来光」を見て来ましたので、その様子を写真で御紹介させて頂きます。
さすがに、早朝は、そんなに暑くありませんでしたので、砂漠を裸足で歩きましたが、足をとられながらも、砂がサラサラで、とても気持ち良かったですね。
「御来光」を見た後は、ラクダ使いの方の休憩小屋に戻り、朝食を頂きましたが、砂漠の大自然の中で頂く食事とミントティーも「最高!」でした。

0モロ御来光01

0モロ御来光02

0モロ御来光03

0モロ御来光04

0モロ御来光05

0モロ御来光06

0モロ御来光07

0モロ御来光08

0モロ御来光09

0モロ御来光10

0モロ御来光11

0モロ御来光12

0モロ御来光13

「料理の力」を実感! インド映画「めぐり逢わせのお弁当」を観て来ました

9月になりましたが、みなさんは、如何お過ごしでしょうか?
2014年全米公開の外国語映画で興行成績第1位、ミニシアターランキングで2週連続第1位のインド映画「めぐり逢わせのお弁当」を観て来ました。
ムンバイでは「出来立てのお弁当」を各家庭から、お昼時のオフィスに届ける「お弁当配達人(ダッバーワ―ラ―)」が、約5000人いて、自転車や列車を使い、運ぶお弁当の数が1日当たり20万個だということに、まず驚きました。
その中のひとつ、主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕をふるった4段重ねのお弁当が、なぜか、早期退社を控えた男やもめのサージャンに届けられます。600万分の1の確率だという「偶然の誤配達」がめぐり逢わせたふたりの愛情物語なのですが「心をこめた料理」が、最後まで会うことのないふたりの心の距離を縮め、愛を深めてゆく展開に感動致しました。
「シネスイッチ銀座」では9月19日まで、
「千葉劇場」では9月5日まで上映されていますので、お近くの方は、是非、ご覧下さいね。

003

002

005

006004

アルゼンチン大使館で「最高のEXVオリーブオイル」を堪能させて頂きました

4月24日に、港区元麻布のアルゼンチン共和国大使館で開催されました「アルゼンチン・オリーブオイルセミナー&テイスティングの会」に参加させて頂きました。
私も、2年前にアルゼンチンに行って来ましたが、とても上質なオリーブオイルの産地であることを、改めて実感致しました。セミナーでは「オリーブの品種による味の違い」がとても興味深かったですし、大使館専属女性シェフの「オリーブオイルクッキング」も素晴らしかったです。これからは、アルゼンチンを含めた南米のオリーブオイルにも注目ですね。
声をかけて下さった「(株)GIGA」様と「アルゼンチン共和国大使館・経済商務部」の皆様には、心より御礼を申し上げます。有難う御座いました。

0アルゼンチン大使館01

0アルゼンチン大使館10

0アルゼンチン大使館02

0アルゼンチン大使館04

0アルゼンチン大使館11

0アルゼンチン大使館03

029

0アルゼンチン大使館05

0アルゼンチン大使館06

0アルゼンチン大使館07

0アルゼンチン大使館08

0アルゼンチン大使館09

0アルゼンチン大使館12

新緑を眺めながら頂くブルガリア産「バラ風味のロゼワイン」は最高です!

みなさん、雲ひとつ無く、穏やかな快晴の船橋より、おはようございます。
存分に楽しませて頂いた船橋周辺の桜も、少しずつ葉桜になり、寂しい気もしますが、これからの季節は「バラ」が見頃になってきますね。そんなタイミングに合わせて、ブルガリアから「本格的なバラ風味のロゼワイン」が、先程届きました。私も以前、訪れたことのあるブルガリアですが、ヨーグルト以外にも、ワインがとても美味しかった印象があります。そんな高品質の「ブルガリアロゼワイン」に、やはり上質な「ブルガリアローズオイル」を融合させて「見事な逸品!」が完成しました。これからの季節、鮮やかな新緑を眺めながら頂く「バラ風味のロゼワイン」は最高だと思います。御購入希望の方は、こちらのサイトを御覧下さいね「http://www.bulgaria-wine.jp/

005

001

002

世界95ヶ国の想い出が詰まっている「パスポート」を更新しました

みなさん、気温も上がり、確実に「春の気配」を感じる船橋より、おはようございます。
昨日は、千葉市内の旅券事務所に伺い、先週、更新手続きをして出来た「新しいパスポート」を頂いて来ました。古い10年パスポートをめくり返してみますと「様々な想い出」が蘇ってきます。何しろ、訪れた世界の国々は、95ヶ国。もちろん、何度も伺っている国もありますから、最初の4年間でスタンプを押すページが無くなり、5千円を支払ってページを増やしたこともあります。なので、私の古いパスポートは「ふつうの物の約2倍の厚さ」があります(笑)。
最初の写真、左が新しいパスポートで、右が、穴のあいた古いパスポートなのですが、中央の厚紙のようなのも、じつは「渡航一回限り有効なパスポート」なのです。今でも忘れません、10年前にフィレンツェ駅近くのレストランで食事中に隣の椅子に置いておいた「パスポートを含め、貴重品すべての入ったカバン」が、30分も経たないうちに「置き引き」に遭ってしまい、慌ててローマの日本領事館に行き、3日後の帰国用に作って頂いたのです。この「厚紙パスポート」は、本当に扱いが大変で、ローマでの出国時も、成田での入国時も「別室」に通され、かなり「拘束(笑)」されました。その後すぐに作ったのが、この古いパスポートですので、この「発行年月日」を見れば「私が置き引きに遭った日」がすぐに分かります(笑)。この経験から、海外では、食事中も貴重品バックを膝に抱えて、離さなくなりました。これから海外に行かれるみなさんも、どうぞ「貴重品の管理」に気を付けて下さいね。
これからの10年間「新しいパスポート」で、どんなドラマが生まれるのか楽しみです。

左が新しいパスポート、右が古いパスポート、そして中央が帰国一回用の特別パスポートです

左が「新しいパスポート」、右が「想い出いっぱいの古いパスポート」、そして中央が帰国1回分「緊急用の特別 パスポート」です

002

005

003

004

◀◀ 新しい記事 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

これ以前のアーカイブはこちら

購読はこちらから

rss feed RSSでチェック