HOME > BLOG > 2016年03月

毎年恒例! 4月28-30日に東京ビックサイトで開催される「ホビークッキングフェア2016」に出演させて頂きます

4月28-30日に東京ビックサイトで開催されます「ホビークッキングフェア2016」に、今年も出演させて頂きます。
毎年、13万人以上の御客様が全国から集まる「御来場者参加型の」とても楽しいイベントなのですが、今年は「くまもと食の親善大使」として「熊本の素晴らしい食をPRさせて頂くクッキングイベント」の講師を3日間、させて頂きます。
「全日本ママ起業連合会・クッキングチーム」のみなさんにも、お手伝いして頂けることになりましたので、とてもアットホームで華やかな雰囲気になることと思います。
みなさん、御期待下さいね。

<ごちそうさまレッスン(実習と試食)>   
4月28-30日
①10時45分から60分
②12時15分から60分
③13時45分から60分
④15時15分から60分
※テーマは「くまもとの赤!トマトヌードルを作ろう」
※各回先着8名様(受講料無料)

 

<ホビークッキングメインステージ(講習と試食)>
4月30日
①12時30分から13時まで
※テ―マは「くまもと食材をオリーブオイルで美味しく食べよう!」
※先着30名様(受講料無料)

0神戸屋熊本10

027

045

059

074

022


能登半島の最先端・珠洲市で「日本古来のあげ浜式製法による、上質な天然塩」を作っていらっしゃる「珠洲製塩さん」にお伺い致しました

3月上旬に、能登半島の最先端・珠洲市で「日本古来のあげ浜式製法による、上質な天然塩」を作っていらっしゃる「珠洲製塩さん」にお伺い致しました。
能登の気候、風土を活かしながら、素晴らしい塩を作り続けてきた「先人達の智恵と偉大さ」には、本当に感動致します。
「珠洲製塩さん」では、とても美味しい「手打ちそば」を頂くことも出来ます。
私が、いつものEXVオリーブオイルを取り出して「そばに天然塩を振り」「EXVオリーブオイルをかけて」食べましたら、そばの旨味が引き立ち「もう、最高でした!」
最初は、その様子を、チラチラ厨房から見ていらしたお店の方々も、途中から笑顔で近づいて下さり、最後は「EXVオリーブオイルと手打ちそばの大試食会」になりました(笑)。
「本物の食材同士は、けんかしない!」そのことを実感出来た、素晴らしいひと時、本当に楽しかったです。今度、こちらに、お伺いする時には「オリーブ新メニュー」が出来ているかもしれませんね。

293

292

295

278

286

279

280

283

289

285

256

255

268

261

272

297

249


鹿児島県鹿屋市で、念願の「カンパチの餌やり」を体験させて頂きました

2月中旬の鹿児島県鹿屋市滞在中には、早朝の鹿屋漁港にお伺いし、漁船に乗せて頂いて、桜島の噴煙を向こうに見ながら、念願の「カンパチの餌やり」を体験させて頂きました。
「カンパチ」は、素晴らしい自然環境の中で、本当に元気に育っており、「活きのよいカンパチ」に近づいた私は、思わず、全身ずぶぬれになってしまいましたが、「カンパチに歓迎されているようで(笑)」とても嬉しかったです。
「自然の摂理を敬いながらの、日本の養殖技術」は、本当に素晴らしいと思います。
なにより、若い漁師さん達が、活き活きと仕事している姿は、カッコイイですね!
その後、鹿屋漁港近くの人気飲食店「みなと食堂」さんにお伺いしました。
「カンパチや小エビ(地物)尽くしの定食」は、ものすごく豪華で美味しかったです。
もちろん、いつものEXVオリーブオイルを持参し「かけて」頂きましたが、どの御料理もEXVオリーブオイルとの相性が抜群でした。
全国の漁師さん達を応援する意味でも、みなさん、もっと魚を食べましょうね、オリーブオイルをかけて(笑)。

035

019

020

021

026

032

010

144

146

148

147

149

150

151


鹿児島県鹿屋市に「永遠のゼロ」との関係が深い「鹿屋航空基地」があります

先日お伺いした鹿児島県鹿屋市には、「永遠のゼロ」との関係が深い「鹿屋航空基地」があります。
その中にある「史料館」を訪れました。
これから戦地に向かう、若い特攻隊のみなさんの史料は、涙無くして見ることが出来ませんでした。
特に、ご両親、ご家族に宛てた「遺書」の数々は、本当に丁寧に書かれており、それらの文字からは、まったく心の乱れが、感じられずに「どれほどまでに志が高かったのだろう」と、感動致しました。
1枚の写真に、目が釘付けになりました。
それは、これから戦地に向かう若いおふたりが、満面の笑顔で「にぎりめし」を頬張っている写真でした。「食の力」「食の大切さ」その写真から、色々なことを思いました。
こうした先人のみなさんの「想い」を、しっかりと心に受け止め、これからも「食を通した世界平和の実現のために」微力ながら、精一杯頑張りますので、みなさん、宜しくお願い致します。

021

003

004

009

013

014

015

022

020

006019


 | ブログトップ | 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

これ以前のアーカイブはこちら

購読はこちらから

rss feed RSSでチェック