HOME > BLOG > 趣味・その他

なかなか予約の取れない「グレートカブキさんの居酒屋」で「力道山先生敬子夫人の御誕生日会」楽しく盛り上がりました!

先日、日頃から御世話になっております「力道山先生の敬子夫人」「天草宝島観光協会会長のストロング永田さん」「熊本出身の将来有望な若手レスラー吉岡さん」と一緒に、この春オープンし、なかなか予約の取れない文京区小石川にある「グレートカブキさんの居酒屋」に行って来ました。
「敬子夫人の御誕生日」が6月6日でしたので、プロレスファンの他の御客様も巻き込んで、とても楽しい「サプライズ!バースディ―パーティー」をすることが出来ました。
御紹介させて頂く写真の数々から、みなさんにも、楽しく盛り上がった様子をお伝え出来たら嬉しいです(笑)。
025

006

013

021

023

022

008

024

007

009

012

018

011

010

032

031

003

015001

029


ナチス・ドイツの迫害から多くのユダヤ人を救った外交官「日本のシンドラー杉原千畝」さんの映画に感動致しました

2006年11月に、バルト3国のひとつ「リトアニア」第2の都市「カウナス」にあります「旧日本領事館・杉原千畝(ちうね)記念館」に行って来ました。
激動の第2次世界大戦下、外交官として赴任していた「リトアニア」で、ナチス・ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ難民に、独断で「日本通過ヴィザ」を発給し、6000人もの命を救った、その場所に念願かなって行くことが出来たのですが、この狭い部屋の中で「杉原さんは、御家族や自らの危険を顧みずに、何を想い、決断されたのか」出来ることなら、その当時にタイムスリップして、お聞きしてみたいと思っていました。
   ———————————————————————————————————–

それから9年後の今年12月5日に、唐沢寿明さんが主演の映画「杉原千畝」が公開されました。
私は、ポーランドの「アウシュビッツ強制収容所跡」にも立ち寄っていますので「ユダヤ難民のみなさんの苦しみ」も、痛いほどよく分かり、「杉原さんが苦悩の末に、勇気を持って、ヴィザ発給を決断された、その瞬間のシーン」では、もう、溢れる涙が止まりませんでした。
この判断が、将来的な結果として「正しいのか、正しくないのか」は、あの激動の第2次大戦下では、おそらく杉原さん自身も分からなかったのではないかと思うのですが、「外交官として」と言うよりも「ひとりの人間、日本人として」「何の見返りも求めずに」「その時に出来る最善を尽くされたのだろう」と思うと、胸が熱くなりました。
私も「杉原さんのような愛と志を持って生きたい」と思います。本当に素晴らしい映画でした。

004 (2)

003 (2)

003

004

009

010

011

013

028

029

021

023

024

005

032

002 (2)

001 (2)

036

038

037


明治座で開催された「綾小路きみまろ」さんの「スーパートークライブ」に 行って来ました

10月27日に、東京・明治座で開催された「綾小路きみまろ」さんの「スーパートークライブ」に行って来ました。
今年は、すでに観に行くのが「3回目」なのですが「あの一瞬にして観客を引き込む、話術のテクニック」を吸収させて頂こうと、今回も真剣に観てきました(笑)。
私も、全国で「食と健康のトークライブ」をさせて頂いていますので「綾小路きみまろ」さんの話術からは、学ぶことが多く、「私の偉大な師匠」だと尊敬しています。
「きみまろさんグッズ」も、一通り持っていますが、今回も「最新CD」を買わせて頂きました。
是非、みなさんも「パワーアップした私のトークライブ」を聴きにいらして下さいね。

008

006

005

011

010

003

002

001


東京ドームのエキサイトシートで「ジャイアンツ・セリーグ優勝争い」を観戦して来ました

9月も中旬に入り、プロ野球「セリーグの優勝争い」は、本当に面白いですね。
昨日は、東京ドームで開催された「巨人対横浜DeNA」戦を、ネットの無い「エキサイトシート」で観戦して来ました。
私は、長嶋茂雄終身名誉監督が御客様という御縁もあり、2月のキャンプを沖縄まで見に行くほどの「ジャイアンツファン」ですので、「シーズン終盤の頑張り」を体感することが出来まして、すごく嬉しかったです。
昨日のヒーロー「大竹投手」や「アンダーソン選手」は、今シーズン、2軍生活が長くて、とても苦労していましたので、「最後の追い込み」で頑張ってくれて、感動しました。
初めて、両選手との「ハイタッチ」も経験させて頂きました(笑)。
これからの試合も、目が離せないですね。
今年も、日本シリーズまで、1試合でも多く、素晴らしい試合を観れることを期待しています。

053

009

008

010

031

020

021

027

055

056

059


父親が考えてくれた、私の名前「剛(つよし)」の由来のお話をさせて頂きます

今日は、父親が考えてくれた、私の名前「剛(つよし)」の由来のお話をさせて頂きます。
私が生まれた昭和36年頃に大活躍されていた「大相撲のスーパーヒーロー」と言えば「大鵬幸喜さん」で「巨人・大鵬・卵焼き」と言われるほど有名ですが、その「大鵬さん」のライバルが「柏戸剛さん」でした。
「柏戸さん」は、小柄ながら「キビキビとした差し回し」で「どんな相手にも果敢に挑む姿勢」が大人気だったそうで、私にも、そのような願いを込めて「命名」してくれたそうです。
私は、そんな想いが込められた「この名前が大好き」ですが、実際には「柏戸さん」を映像でも見たことがありませんでした。
先日「北海道・弟子届町(てしかがちょう)」の「道の駅・摩周温泉」に立ち寄りましたら、ここは「大鵬さんの故郷」ということで、記念の品物がたくさん飾られていました。
その中に、なんと「柏戸さんとのッ―ショット土俵入り写真&手形」が飾られていました。
私は、思わず「柏戸さんの手形」に手を合わせてみましたが、手の大きさが、ピッタリ同じで、感激致しました。
これからも「柏戸さんに頂いた勇気」を持って、頑張りますので、宜しくお願い致します。

269

273

267

278

281

277

266

276

255

257


「明治学院大学FaceBook交流会」が「後楽園飯店」で開催されました!

5月26日に、巨人軍長嶋茂雄終身名誉監督も現役時代から大好きだった、水道橋・東京ドーム手前の「後楽園飯店」を会場に「明治学院大学のFaceBook交流会」が開催されました。
私が出席させて頂くのは、今回で2回目ですが「明学の絆&連帯感」が素晴らしく、恥ずかしがり屋の私でさえ(?)、すぐに初対面のみなさんとも仲良くなれます。
これからの交流会の発展も、すごく楽しみですし、いずれ、チャンスがありましたら、私も御料理させて頂きたいと思っています。
明治学院大学御出身のみなさん、是非、御参加下さいね。次回は「明学大白金キャンパス」で8月29日に開催される予定です。

017

015

016

011

013

012

004

005

006

007

008

009

018


「サザンオールスターズ・ライブツアー2015(東京ドーム)」は、最高でした!

5月24日に、東京ドームで開催された「サザンオールスターズ・ライブツアー2015 」<おいしい葡萄の旅>を観に行って来ました。
17時にスタートしたライブですが、終了時刻は、20時半過ぎ。なんと3時間半も歌い続け、魅了し続けて下さる「大サービス」に、会場中が感動の渦に包まれ「もう、最高!」でした。
「サザンオールスターズ」は「結成から37年」。東京ドーム公演は「10年ぶり」でしたが、色あせることなく、むしろ進化し続けている姿に、同年代として「パワーと勇気」を頂きました。
ライブ全体を通して「桑田さんの愛」が、ひしひしと感じられ、エンディングでのメッセージ「必ず、また逢おうね!(しっかり)生きるんだよ!」には、涙が出そうになりました。
桑田さんも「がんの手術」等、辛い経験もされて来ましたし、改めて「健康でいられることへの感謝の気持ち」を、実感致しました。
多くのみなさんに、このライブを観て頂きたいと思いましたが、なにせ、チケットが取れないですね。
これからも「サザンオールスターズ」に頂いた「パワーと勇気」で、「食を通した世界平和の実現」のために頑張りますので、応援を宜しくお願い致します。

008

007

009

014

019

021

027

025

031

039

041

044

048

050

051

052

053


私も修業させて頂いた「伝説のKIHACHI南青山1号店」の新年同窓会が開催され、熊谷喜八さん、関宏シェフと感激の再会をしました(2)

私が26年前に「厳しく鍛えて頂いた」伝説の「KIHACHI南青山1号店」の新年同窓会が、1月11日に開催されまして、「3次会」は、まさに「たくさん(冷)汗をかいた厳しい修行の場」であり、想い出が、ぎっしり詰まった、北青山2丁目の「KIHACHI青山本店(旧セラン)」でした。
「KIHACHI」を卒業して、はや四半世紀が経ちましたが、まさか「熊谷喜八ムッシュ」や「関宏シェフ」と「KIHACHIの看板の前で」写真が撮れるとは思ってもいませんでした。最初の写真が、そのスリ―ショットです。
まずは、2階に上がって「食前酒」を頂きましたが、かなりオシャレにリフォームされた店内にビックリ致しました。
1階では、当時と変わらない「KIHACHIオリジナルメニュー」を「少しずつシェアしながら」頂きましたが、食べ進めるほどに、当時の記憶が蘇り、みなさん「感無量の表情」でした。
「ずっとは、きつくてイヤですが、1日だけなら当時に戻りたいですね(笑)。」
それにしましても、1階のキッチンも、最新のキッチン設備で、かなり使いやすく、広々とリフォームされていて、ビックリ致しました。
今は「石川泰史シェフ」が、頑張って厨房を仕切っていますが、なかなか素晴らしい「新メニュー」もあり「KIHACHIの将来」がとても楽しみです。
私は「KIHACHI」に、3年間御世話になりましたが、ムッシュによりますと、「KIHACHI」の卒業生は、全国に1万数千人いるそうです。
あらためて「KIHACHIの絆」を胸に「食を通して」全国のみなさんに笑顔と健康をお届け出来るように頑張りますので、宜しくお願い致します。

0キハチ30

0キハチ31

0キハチ32

0キハチ34

0キハチ35

0キハチ36

0キハチ37

0キハチ38

0キハチ39

0キハチ40

0キハチ42

0キハチ41

0キハチ33

0キハチ43

0キハチ44

0キハチ45

0キハチ45-2

0キハチ46

0キハチ47

 


 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

これ以前のアーカイブはこちら

購読はこちらから

rss feed RSSでチェック