「敬老の日」を前に、都内の高齢者様施設「グループホームきらら南葛西様」にお伺いし「敬老会のおもてなし」をさせて頂きました

9月中旬に、都内の高齢者様施設「グループホームきらら南葛西様」にお伺いし「敬老会のおもてなし」をさせて頂きました。
特別ランチメニューとしまして、私のスペシャリティ「季節野菜15種類と天然エビ、ホタテ貝入りの特製テリーヌ」「和風出汁がベースのヘルシーミネストローネスープ」「和牛の柔らか煮込み、フランス風クネル仕立て」「小豆とサツマイモがベースのココナッツ風味ムースケーキ、季節のフルーツ添え」それに「柔らかなロールパン」と「世界№1のEXVオリーブオイル、ラヴィダ・クラシックレーベル」を出させて頂きましたが、かなりのボリュームであったにも関わらずに、ほとんどの皆様が、笑顔で完食して下さいました。
私は、普段から「高齢者食研究家」として「いかにしたら御高齢の皆様に美味しくお召し上がり頂けるか」を研究しておりますので、今回も、一部、リクエストのありました「刻み食」と「ミキサー食」を、ホームのスタッフの皆様にお手伝いして頂きながら、スムーズにお出しすることが出来ました。
最後には、皆様から「美味しかったです。また、来て下さいね」と、嬉しい御言葉を頂きまして、感激致しました。
これからも、呼んで頂ければ、全国どこにでもお伺い致しますので、宜しくお願い致します。

鳥取県米子市で、素敵なコース仕立ての御食事会を5回開催させて頂きました(2)

9月上旬に、鳥取県米子市にお伺いさせて頂き、3日間に合計5回の御食事会を開催させて頂きました。
最初は「1日で60-70名様分の御食事会をコース仕立てで」と御依頼頂いたのですが、この御時世、密を避けるために、私の方から「5回に分けての開催」を御提案させて頂きました。
主催者様も、そのあたりは、ものすごく気を使って下さり「テーブルクロス」や「素敵な飛沫防止シート」を、なんと、御客様自ら手作りして下さいました。
もちろん、除菌アルコールや体温計も御用意させて頂き、飲食店さながらの入念な準備をして、御客様をお迎え致しました。
3日間とも、マナーを心得た、素晴らしい御客様ばかりで、とても盛り上がり、笑顔の絶えない素敵な御食事会となりました。
2日目、3日目は、ランチ、ディナーと、2部制で開催させて頂きました。
その模様を御紹介させて頂きます。
御参加して下さった皆様、有難うございました。

鳥取県米子市で、素敵なコース仕立ての御食事会を5回開催させて頂きました(1)

9月上旬に、鳥取県米子市にお伺いさせて頂き、3日間に合計5回の御食事会を開催させて頂きました。
最初は「1日で60-70名様分の御食事会をコース仕立てで」と御依頼頂いたのですが、この御時世、密を避けるために、私の方から「5回に分けての開催」を御提案させて頂きました。
主催者様も、そのあたりは、ものすごく気を使って下さり「テーブルクロス」や「素敵な飛沫防止シート」を、なんと、御客様自ら手作りして下さいました。
もちろん、除菌アルコールや体温計も御用意させて頂き、飲食店さながらの入念な準備をして、御客様をお迎え致しました。
そして、今回は、万全を期しまして、アシスタントさんをお願い致しました。
こういう時に、頼りになるのが、私の母校でもあり、全国で優秀な卒業生が活躍している「辻調理師専門学校のOB会ネットワーク」です。
鳥取県の隣り、島根県平田市に、私の辻調とフランス校時代の同期の親友であり、フレンチの名店「ラルクアンシエル」オーナーシェフの大橋君がおりまして、早速、彼に御紹介をお願い致しました。
最初の2日間は、辻調とフランス校の後輩、佐伯シェフにお願いし、最終日には、フランスと御料理が大好きな大学生さんと、地元の料理研究家の方、おふたりにお願い致しました。
やっぱり、ひとりで全部するのと、アシスタントさんが付くのでは、全然違いますね(笑)。
頑張ってお手伝いして下さったみなさん、御紹介して下さった大橋シェフ、本当に有難うございました。
ちなみに、会場は「キッチン付きのレンタルルーム」でした。
3日間とも、マナーを心得た、素晴らしい御客様ばかりで、とても盛り上がり、笑顔の絶えない素敵な御食事会となりました。
まずは、初日の模様を御紹介させて頂きます。

「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」にお伺いし「オリーブオイルをテーマに」授業をさせて頂きました

8月上旬、風光明媚な奈良県桜井市にあります「なら食と農の魅力創造国際大学校(NAFIC)」にお伺いし「オリーブオイルをテーマに」授業をさせて頂きました。
昨年に次いで、2度目の授業でしたが、みなさん、熱心に受講して下さり、とても有難かったです。
久しぶりに、35年前に「大阪あべの辻調理師専門学校」でお世話になった先生方にお会い出来て、しかも、一緒に、尊敬する恩師に作って頂いた「まかない(昼食)」まで、ご馳走になり「もう、感無量‼︎」でした。
もし、私が20代に戻れるなら、絶対に入学したいと思う、あらゆる面で素晴らしい環境の「NAFIC」です。前向きで一生懸命な生徒さん達の将来も楽しみですね。
また、お伺いさせて頂ける日を楽しみにしております。先生方、生徒さん達、有難うございました。

「熊本産雑節パウダー&べジパウダー」で6次産業の御指導をさせて頂きました

7月中旬に、熊本県天草市牛深にお伺いさせて頂き「上質な雑節パウダーと熊本産の野菜パウダーの可能性」をテーマに、色々な「カンタンで美味しい食べ方」を実演、御紹介させて頂きました。
元々、優れた食材同士ですので、様々なバリエーションが生まれ、可能性の広がりを実感することが出来ました。
熊本県は、本当に「豊かな自然の恵みの宝庫」ですので、これからも、6次産業の発展のために、微力ながら貢献出来るように頑張ります。

 

大分県佐伯市蒲江で上質なブリを養殖している6次産業の先駆者「村松さんの筏(いかだ)」を訪れました

7月上旬に「上質なブリの養殖」を手がけ、日々、とてもお忙しい中、日本の漁業を守るために、自ら食育イベントや様々な催事に出演され、6次産業の大切さを教えて下さっている、私の魚の師匠、大分県佐伯市蒲江の漁師、村松さんの「筏(いかだ)」に行って来ました。
風光明媚で穏やか、素晴らしい環境の蒲江にある養殖場ですが、その一角に簡易なキッチンのある「筏」がありまして、そこで、見事な地魚をお刺身や塩焼きで頂きました。
海の上で、心地良い潮風にあたりながら頂く「村松さんの漁師料理」は、「もう、最高‼︎」でした。
村松さんの畑で採れた野菜のお漬物やサラダ、海の上で炊いて頂いたご飯から、お味噌汁まで、どれも美味しかったです。
村松さんとも「いかにして、過疎化しつつある地方の漁村を元気にするか」を熱く語り合いましたが、1番良いのは「漁村に来て頂いて、地元ならではの美味しく楽しい食の体験をして頂くこと」なのではないかと思います。
その点でも「筏」は、すごく良いと思いました。
以前、京都の川床料理を頂き、感動致しましたが、海でしたら、もっとスケールは大きいですし、「日本の漁村の名物」になるような気がします。
村松さん、大変お世話になりまして、有難うございました。

岡山市内の人気イタリア料理店を会場に「ランチ&トークショー」を開催させて頂きました

2月下旬に、岡山市内の人気イタリア料理店「エゴザル」さんを会場に、素敵なみなさんにお集まり頂きまして「ランチ会」を開催させて頂きました。
お食事の後には「トークショー」もさせて頂き、こちらも、かなり盛り上がりました。
この楽しいランチ会を企画して下さったルグランさんや、お手伝いして下さったみなさん、そして、御参加して下さったみなさん、有難うございました。
次回も、また宜しくお願い致します。

広島市内にお伺いし「出張料理のおもてなし」をさせて頂きました

2月中旬に、新幹線で、広島市内の素敵な御客様宅にお伺いさせて頂き「出張料理のおもてなし」をさせて頂きました。
御参加頂いた方々の中には、九州や東京からお越し下さった方もいらっしゃいましたが、皆様に喜んで頂けて、良かったです。
早くから、今回の御食事会を企画し、御予約をして下さった御客様、本当に有難うございました。
また、宜しくお願い致します。

 | ブログトップ |  古い記事 ▶▶

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

これ以前のアーカイブはこちら

購読はこちらから

rss feed RSSでチェック